親子

子育てにはお金が必要!新生児用品の選び方を考えよう

新品と中古の両者を活用

赤ん坊

短期間しか使わない

新生児用品は、非常に短期間しか使わないという特徴があります。新生児用品は、肌着類などの衣服、ベビーバス、新生児用オムツなどが代表的なものです。初めての子供や孫だと、つい張り切ってあれこれと取りそろえたくなりますが、使用する期間はほんの1ヶ月程度です。赤ちゃんは想像以上にすぐ大きくなるので、衣服やオムツなどはあっという間にサイズアウトしてしまいます。かといって、大きめを用意すればよいというわけでもなく、必要なものであることは確かです。無駄のないように用意するには、おさがりや中古なども上手に活用するのがよいでしょう。肌着など直接肌に触れるものは新品を用意してもよいかもしれません。しかし、他のものは代用できるものがないか、中古で見つからないかなどを考えて用意すると予算が抑えられます。

フリマアプリも便利

新生児用品を購入するなら、幼児専門用品店や大型ショッピングモールの専門コーナー、ネット通販など選択肢は幅広いです。色々な商品があるため目移りしてしまいますが、必要なものを見極めて購入しましょう。赤ちゃんの肌に優しい手触りや安全性の高さを売りにしているメーカーを決めて、購入アイテムを絞るのもありです。新生児に必要な用品がどういったものか紹介されている小冊子や本、雑誌を参考にする手もあります。また、新生児用品を中古で購入を検討しているのであれば、ネットオークションやフリマアプリなどで探すと良いでしょう。ネットならばどこでも検索でき、格安のものも見つけやすいです。セットで揃えることも比較的簡単なので便利です。直接商品の品質を確認するのができないので、品質や状態については、必要ならば質問したりして納得してから購入するようにしましょう。